2017年9月

キッズカットもしてます☆

先週は、地元の幼馴染がカットしに来てくれました(^^)

 

幼稚園から知ってるので、カットさせてもらえるってすごい事だなー。と改めて。

 

 

 

私が幼稚園の時なんて、アンパンマンのTシャツを着てた気がしますが・・・

 

今の子たちは幼稚園でもみんなオシャレ☆

お母様かお父様が施術を受けてる間に、お子様のカットもなんと500円でさせてもらいます!

 

こんなキッズルームで待っててもらうので、隣の席で安心です。

 

ぜひお子様も一緒にご来店くださいね☆

 

 

 

カット500円は、小学生未満で、お母様かお父様が施術を受けられるときに限ります。


ミルボンNEWライン

9月からミルボンに新しいラインナップが登場しましたよ!

 

 

ミルボンといえば、髪の毛内部の『棒状空洞化』を埋めてくれる、ダメージケアができるヘアケア剤です!

 

この写真の黄色い部分が、ダメージで空洞になってしまってる部分です!

これを埋めてあげることで、ハリのあって、芯からしなやかな髪の毛に導きますよ!

 

 

 

 

こんなにたくさんシリーズがあります!

どれがいいの??ってなりますよね。

 

どのラインにも、『棒状空洞化』を埋める成分は入ってますが、

髪質によってオススメのラインが違うので、ご来店の際は相談してみてくださいね!

 

9月から新しいラインが増えて、より選択肢が増えました!

 


夏のダメージは残さない!

 

最近涼しくなってきましたが、

夏のダメージ髪の毛に残ってませんか?

 

 

 

夏の紫外線や、プール、海で傷んだ髪は、サロンのトリートメントでしっかりケアする事がオススメです(ت)♪

 

 

 

パサつき、ひっかかりは更なるダメージの原因にもなってしまいます!

 

 

今はミルボントリートメントがオススメてすよ!

 

髪質によって使うものも調整していきます!

 

 

ツルツルヘアー目指しましょう!

 


【外国人風になりたい!】結局何がいいの?イルミナ?アプリエ?THROW?アディクシー?

まだまだ大人気の【外国人風カラー】

 

イルミナカラーを筆頭に、アプリエやアディクシー等、【寒色】系に特化したカラー剤が次々登場してます!

寒色(かんしょく)は色の種類で、視覚から寒い印象を与える色。青、もしくは青に近い色から受ける。byウィキペディア

 

 

こういうカラー、かっこいい ですよね!!

 

日本人は、どうしても【赤み】がでやすいんです。。

 

((赤みのあるブラウンも艶があってキレイですけどね!

今回は【外国人風】というキーワードで攻めていきます!))

 

 

 

日本人特有の赤みのない色にするには、【寒色】が非常に重要なんです!

 

 

 

 

私たちの髪の毛は、脱色をすると、↑こんな感じで色が抜けていきます。

(色を抜くだけ。色味は入れない!)

 

 

 

 

ここから【赤み】を抜いて、【寒色】を少し足すと・・・

なんとなくいい感じじゃないですか??

 

 

 

 

カラー剤で明るくなる限界が、大体ここ!

これ以上はブリーチが必要です!

(髪質によって差はあります。)

 

 

 

これが→こう

見比べると、左の方が赤っぽいのわかりますか??

 

 

 

赤の反対は青!

赤みを取ろうと思ったら、アッシュ(青)・マット(緑)が打ち消してくれます!

 

ブリーチしてこんな感じに黄色くなってたら、紫を入れたりします。

 

 

 

なので、イルミナやアプリエ等、寒色に強いカラー剤が重宝されます!

一概に【アッシュ】【寒色】といっても、微妙な色の差があるので、

たくさん選択肢が増えてバリエーションが広がりました!!

 

 

どのカラー剤がいいのか、なかなか自分では選びにくいと思うので、

ぜひお店に来て相談してください☆

 

↓こちらもどうぞ↓

【外国人風透明感カラー】イルミナカラー・アプリエ比較

【2017年春夏】イルミナカラーおすすめの色味まとめ☆